ローマ字の書き方

ローマ字で住所を書かれる場合、日本とは順番が逆になります。

アパートの部屋番号(#●●●)→丁番地→町名→市→県→郵便番号→国

例:〒252-0307 神奈川県相模原市南区文京2-20-25-102 ブレインシステムズ

Brain Systems  #102 2-20-25 Bunkyo Minami-ku Sagamihara Kanagawa 252-0307 JAPAN


海外に出される場合は、国名が最も大事になりますのでJapan→JAPANと大文字にしたり、
最後の1行をJAPANだけにして目立たせる等がおすすめです。

お名前の場合も逆で、田中一郎→イチロウタナカ→Ichiro Tankaとなります。
中には日本人なので日本の順番が良いとして逆にされない方もいらっしゃいます。
読まれる方が日本人?海外の方?読まれる方の読みやすさが大切になります。

例:おおの ゆうこ

長音などは、パスポートなどに使われているヘボン式ですと
Yuko Onoとなります。

 

参考:ローマ字変換表こちら(東京都生活文化局)



しかし、日本国内でしか使わないということでしたら、Yuko Ohnoの方が間違いなくオオノと伝わる、
という意味でそちらを使われう方もいらっしゃいます。



基本的に、日本国内・日本人の方へ宛てた手紙でしたら、郵便屋さんも日本の方ですから、
日本人として読みやすい表記であれば宜しいと思います。